検索
  • 新井雄志

SDGs企業はクソ喰らえ!

こんにちは。


どんな事にも穏やかで感情的にならず常にゴールデンレトリーバーの笑顔のようにヘラヘラしている人。


「いや、もはやゴールデンレトリーバーなんじゃないですか?」


そんな評価を知人から得ている代表の新井です。






今日はそんな私の掲題どおりの内容です。





「SDGsを担いで利益を得る個人・団体」に一言モノ申します。




基本的な考え方は斎藤 幸平さんの考えと似ていますので「斎藤 幸平 アヘン SDGs」とかで各自ググってください。いきなりの説明拒否。


(経済論まで斎藤 幸平さんと同じとか思って変な論争しかけてこないでください。たのむやで。)




まずSDGsバッヂ!これに一言モノ申す!


(皆さん頭の中で例のロゴをイメージしてくださいね。)



ってか、いきなり本題とズレるがロゴとかアイコンの国連の使用許諾見たけど「商業目的」の場合は国連に英語で申請許諾が必要じゃねえかっ!



「情報目的」ならフリー?


会社ブログはどっちなんだい!


(どっちなんだいっ!?)


ブランディングには該当してしまいそうなので今回は恐らく商業目的だ。


そのためロゴ使用は回避。




というか営業資料でこの手のロゴとかアイコンめっちゃ見るぞ!


営業資料は「営業目的」でしょ?


って事は皆ちゃんと申請して許諾得ているってことか!?


これから営業資料で見つけるたびに「コレ、国連に申請して許可貰ったんですか?

SDGpermissionsから始まるアドレスにメールしたんですか?」


って聞いてやるからな!


「申請に必要な通信エネルギーを削減するためにしていません!なんせ弊社はSDGs企業ですから。えっへん。」


そう言えたお前。



お前とは良い酒が飲めそうだ。






話を戻そう。



あのバッチをつけたスーツを来た重役っぽい人。


「付けたまま黒塗りのデカい高級車に乗るんじゃねえ!」


言いたいのはそういう事だ。




乗るなら外せ。


付けるなら自転車を使え。




ってか歩け!痩せろ!



厚顔無恥をばら撒いていくんじゃねえ。


(ふぅ…ふぅ…ちょっと落ち着いてきた。)



SDGsを企業として掲げるなら、従業員一同で日々の身の回りから少しずつ見直してくれ。頼むから。


社長も飛行機で出張・外遊しつつ、社員には出社を促し、電気をバカバカ使いながら高級寿司を喰うんじゃねえよ。(最後は私怨)



それが出来ないならバッヂをつけるな。担ぐな。



そもそもSDGsってグローバル資本主義の下で営利活動をしている企業と結構相性悪いぞ。


全てが全てとは言わんが、殆どの場合は持続可能性に対してマイナスベクトルが勝る。



無理は言わん。


「デカい事を口にするな。謙虚になれ。」



そういう事だ。



次にSDGsを担いでキラキラ活動を発信している個人!



なんでお前はアメリカの軍用車を祖にする燃費の悪い例の緑の四駆に乗って遠くにでかけ、オシャレなアウトドア衣料を着ながらキャンプ写真撮ってんだ。


なんでお前は人魚をモチーフにした店で色鮮やかな砂糖飲料を購入しながら自然派を語りドヤ顔してるんだ。





黙って土を耕せ。



そういう事だ。




かくしてお前はどうなんだ?という話。


私はSDGsを発信していないし頑張っている等とはまったく思っていないが、自動車は軽しか乗らんし、食べ物の残りかすで堆肥を育てているし、飛行機のエネルギー負荷が辛いので国際旅行の欲求を抑えたりはしている。



知っている。


一個人のこんな活動で何も変わらん事くらいは。


実際、車には乗っているし水を大量に使った生活をしているんだから。


だからSDGsに則した活動が出来ているつもりも無いのでそれを掲げるつもりもない。



「会社としてSDGsを担ぐつもりは一切無い。」


当社はそういうスタンスです。






ここで掲題を回収しよう。


レトリーバーのように温和な私が最後に言いたいのは



SDGsを掲げるなら「まずはクソを喰おう!」


という事なのです。





そうです。



「クソ喰らえ」というのは罵詈雑言ではありません。


(温和な私が罵詈雑言書くわけないじゃないですか、やだな~。)





「皆さん一緒に肥溜めを作り微生物の力を借りてクソから食を生産しませんか?」


「どうか貴方様のクソを下さい。」


「私のクソを差し上げましょう。共に活用しましょう。」





SDGsです!



という事です。




こういった美しく素敵な提言を弊社は行っていきたいのです。



上場企業の重役の皆さん。


「お互いのクソを集めて肥溜めを作りませんか?」





さあ、声を合わせましょう。



「クソ喰らえ!」



クソを喰らいたいと思って頂けた重役の皆様。


是非ともお仕事お待ちしております。




おわり。

最新記事

すべて表示

まじめな話、会社の方向性を考えていた。 最初に結論を書いておくと中二病っぽい話になった。 よってロマンある話が嫌いな人はここでサヨナラした方が良い。 本題。 学生時代から「拘束力や統制が緩い気の合う者同士で群れる場であり、社会に対してグダグダ言いながら与えられた仕事をしているだけなのに、外部から見ると纏まりと方向性があるように見える。」 そんな引力と斥力のある場。みたいなものを形成したいと考えてい